法華講員の御書要文集

¥ 2,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料520円が掛かります。

通報する

暁鐘編集室発刊(令和元年9月12日)
1632編の御金言を収録

・全体をまず4編に分類し、さらにそれを184項目に分類
第1編 日蓮大聖人の教義
第2編 三大秘法
第3編 信心・修行
第4編 功徳


こんなことで悩むことありませんか?
・医学で手に負えない重病を発症したが、それを乗り越えるために必要な信仰は?
・眷属を育てるためにはどのような姿勢が必要か?
・唱題を唱える姿勢はどういったものなのか?
これらの問題に対し、大聖人は御金言でどのように言われているのかが判ります!

御書要文が選ばれる3つの理由
その1 教学上の項目をひくことにより、その項目に属する複数の御金言を拝することができる。
その2 日常の信行学において直面する課題を、なるべく細かい項目に分けてひくことができる。
その3 A5変形サイズで持ち運べる

【分類された項目一覧】

◆第1編 日蓮大聖人の教義
以信代慧 以信得入 一念三千 一生成仏 一品二半 依正不二 依法不依人 戒 開眼供養 戒定慧 神天上 感応道交 教行証 教法流布の先後を知る 教を知る 機を知る 国を知る 下種 現証 顕益と冥益 広宣流布 五逆罪 御授戒の意義 権実相対 罪業深重 災難興起の原因 三証 三世間 三世の因果 三宝 四依 四箇の格言 色心不二 四重興廃 師弟相対 邪宗教 娑婆即寂光 宗教の五綱 十如是 種熟脱 種脱相対 十界互具 正像未弘の四故 諸天善神 諸仏の成道 誓願 総別の二義 草木成仏 即身成仏 第三法門 大小相対 追善供養 時と機 時を知る 内鑑冷然 内外相対 南無の意義 罰 白法隠没 付嘱 仏法 仏法と世法 仏法西還 謗法 本迹相対 末法 末法の正法 妙法 妙法を持つ位 木絵の二像 文底秘沈 立正安国 令法久住 六即の配立

◆第2編 三大秘法
一代の逢難 境智冥合 久遠元初の御本仏 血脈相承 御秘符 三世を知る 三大秘法 三類の強敵 示同凡夫 宗旨建立 主師親三徳 出世の本懐 地涌の菩薩 瑞相 大慈大悲 佐前佐後 日蓮大聖人の御名 人法一箇 不軽の振舞 法華経身読 法華経の行者 発迹顕本 本因下種 本国土妙 本門の戒壇 本門の題目 本門の本尊 末法の大導師 名字即の仏 無作三身

◆第3編 信心・修行
悪知識 育成の心地 異体同心 祈り 陰徳陽報 親子 確信 歓喜 求道心 外護 孝養 御供養 後生の大事 勤行 在家の修行 罪障消滅 懺悔 自行化他 自受法楽 実践 師弟 指導者 慈悲 折伏 折伏弘教の心得 邪宗破折 宿縁 受持 地涌の流類 順逆の二縁 摂受・折伏 唱題 正法受持の難しさ 女性の信心 女性の特質 信・行・学 信心 信心の血脈 信心の姿勢 人生の指針 信と解 信と不信 信の一念 善知識 爪上の土 僧俗 息災延命 退転の戒め 転重軽受 登山の意義と精神 難を乗り越える信心 如説修行 女人成仏 病気と信心 夫婦 不自惜身命 不退の信心 浮薄な信仰の戒め 不渡余行 報恩 謗法呵責 謗法厳誡 法統相続 煩悩即菩提 魔の働き 慢心 与同罪 臨終 臨終の相

◆第4編 功徳
運と果報 功徳 御供養の功徳 護法の功徳 御本尊の功徳 正法流布の功徳 題目の功徳 初心の功徳 福子 変化の人 変毒為薬




サイズ
横143㎜ 縦190㎜ 厚さ30㎜
重さ 640グラム
694ページ
定価2500円(税込)